キャットフードでケア

キャットフード猫の尿路結石は発見が遅れてしまうケースも多いため、普段からの予防対策がとても重要ですが、もし猫が尿路結石になってしまって治療を行った場合、治療後もきちんとケアをしてあげることが大切です。治療後のケアとしてはキャットフードでケアをしてあげるというのが良いでしょう。尿路結石のことを意識して作らているキャットフードを選ぶ上で大切なポイントとしては、マグネシウム、カルシウムの値が調整されているキャットフードを選ぶということがあります。また、キャットフードのpHが調整されたものを選ぶことも有効です。そして、猫本来の食事を意識した高タンパクなキャットフードを選んであげることも重要です。

もともと猫は鳥や小動物などを食していた肉食動物です。動物性タンパク質は猫がずっと摂取していた栄養ですので、これが意識されたキャットフードを選ぶことで猫にとって消化の良い食事を取ることを可能にします。そうすることでおしっこの量が増えるケースも多く、結果として尿路結石にもなりにくくなります。このようなポイントに注意して尿路結石になりにくい状態を目指しましょう。健康に良いキャットフードだからといって猫にもそれぞれ好みがあるので、好みと成分のバランスを上手く取ってキャットフードを選べると良いでしょう。

尿路結石の予防

尿路結石の予防に効果のある対策としてはミネラル分の少ないキャットフードを選ぶことが効果的である場合が多いです。キャットフードによってはマグネシウム、リン、カルシウムの量を健康に害の無い範囲で落とし、結石の原因となるものを極力を摂取しないように対策されているものもあるので、このようなキャットフードを選んであげることによって尿路結石になりにくい食環境を作ってあげることができます

水分また、尿路結石はおしっこの濃度が濃くなるにつれて結晶化が進むことから起こりやすくなるので、おしっこの回数を増やし、尿をたくさんだしてあげることによって結晶化しにくくなり尿路結石にもなりにくくなります。特に冬の寒い季節は運動量が減ってしまうため、水分摂取量が減ってしまいます。さらに脂肪を燃焼しにくくなってしまうので、代謝により体内で作られる水分量も減ってしまいます。そうするとおしっこの濃度が濃くなりやすく、尿路結石になりやすくなってしまうので、そういった季節はなおさら気を付けて水分を多く摂れるように気を付けてあげましょう。また、尿のpHがアルカリ性に傾いてしまうことでストルバイト結石が結晶化しやすくなりますし、酸性に傾くことでシュウ酸カルシウム結石が結晶化しやすくなります。ですので尿のpHを中性に保てるようなキャットフードを選んであげることも尿路結石の予防として有効です。

尿路結石とは

尿路結石とは腎臓、尿管、膀胱、尿道などに小さな石のような結石ができてしまう病気のことを言います。人間でも尿路結石になってしまう方は多いので、ご存知の方も多いかもしれません。人間の場合ですと、尿路結石は激しい痛みを伴うので発見がしやすい病気ですが、猫の場合、体の構造上の違い、そしてもし痛みを感じても隠す傾向にあることから、病気の発見が遅れてしまうケースがあります。

ねこ猫が尿路結石になってしまう原因としては、キャットフードの影響、水の影響、環境による要因、ストレスによる要因などがあります。ホームセンターやドラッグストアなどで安く売られている低品質のキャットフードなどを与えていることが猫の尿路結石の原因となってしまうケースもあります。また、猫はもともと砂漠で生活をしていた動物ですので、水を積極的に摂取しないという特徴があります。ですので体内の水分が不足し、尿路結石になりやすい体になってしまうケースがあるのです。

環境が要因となるケースの場合ですと、トイレが汚い、トイレの数が少ないなどでおしっこをすることを段々と避けるようになってしまい、おしっこを我慢することで膀胱炎となり、そこから尿路結石に繋がってしまうことがあります。次のページでは、尿路結石の予防について紹介します。

キャットフードで尿路結石のケア

尿路結石尿路結石という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。実際にかかってしまったという方はよくご存知でしょうが激しい痛みを伴う病気です。尿路結石は人間だけの病気ではありません。実は猫も尿路結石になるのです。猫は食事や環境などの影響を受けて尿路結石を患います。もし痛みを感じてもあまり表には出さない傾向があるので、できれば飼い主がちゃんと猫の健康状態を管理し、予防してあげたいですし、もし既になってしまったという場合でもすみやかに獣医に行き、アフターケアもきちんとしてあげたいものです。

尿路結石の予防方法として一番簡単なのはキャットフードを尿路結石の予防に特化したものに変えてあげることです。具体的にはミネラル分の少ないキャットフードを選ぶと効果的ですし、パッケージや説明文などに尿路結石について書かれているものであれば安心でしょう。もちろん尿路結石の予防には普段から猫の行動を見て、異変があったら素早く獣医に診てもらうことが大切です。猫は水分をあまり摂らないことが多いので、特に冬などは充分に尿路結石に注意してあげる必要があります。キャットフードを選ぶ際には成分表示をしっかりと確認し、猫の状態にあったものを選んであげるようにしましょう。

当サイトでは猫の尿路結石についてとそのケアの方法、そして尿路結石の予防ケアに効果の期待できるキャットフード選びについて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。