尿路結石とは

尿路結石とは腎臓、尿管、膀胱、尿道などに小さな石のような結石ができてしまう病気のことを言います。人間でも尿路結石になってしまう方は多いので、ご存知の方も多いかもしれません。人間の場合ですと、尿路結石は激しい痛みを伴うので発見がしやすい病気ですが、猫の場合、体の構造上の違い、そしてもし痛みを感じても隠す傾向にあることから、病気の発見が遅れてしまうケースがあります。

ねこ猫が尿路結石になってしまう原因としては、キャットフードの影響、水の影響、環境による要因、ストレスによる要因などがあります。ホームセンターやドラッグストアなどで安く売られている低品質のキャットフードなどを与えていることが猫の尿路結石の原因となってしまうケースもあります。また、猫はもともと砂漠で生活をしていた動物ですので、水を積極的に摂取しないという特徴があります。ですので体内の水分が不足し、尿路結石になりやすい体になってしまうケースがあるのです。

環境が要因となるケースの場合ですと、トイレが汚い、トイレの数が少ないなどでおしっこをすることを段々と避けるようになってしまい、おしっこを我慢することで膀胱炎となり、そこから尿路結石に繋がってしまうことがあります。次のページでは、尿路結石の予防について紹介します。