キャットフードでケア

キャットフード猫の尿路結石は発見が遅れてしまうケースも多いため、普段からの予防対策がとても重要ですが、もし猫が尿路結石になってしまって治療を行った場合、治療後もきちんとケアをしてあげることが大切です。治療後のケアとしてはキャットフードでケアをしてあげるというのが良いでしょう。尿路結石のことを意識して作らているキャットフードを選ぶ上で大切なポイントとしては、マグネシウム、カルシウムの値が調整されているキャットフードを選ぶということがあります。また、キャットフードのpHが調整されたものを選ぶことも有効です。そして、猫本来の食事を意識した高タンパクなキャットフードを選んであげることも重要です。

もともと猫は鳥や小動物などを食していた肉食動物です。動物性タンパク質は猫がずっと摂取していた栄養ですので、これが意識されたキャットフードを選ぶことで猫にとって消化の良い食事を取ることを可能にします。そうすることでおしっこの量が増えるケースも多く、結果として尿路結石にもなりにくくなります。このようなポイントに注意して尿路結石になりにくい状態を目指しましょう。健康に良いキャットフードだからといって猫にもそれぞれ好みがあるので、好みと成分のバランスを上手く取ってキャットフードを選べると良いでしょう。